ポイント

アオリイカ釣りたい初心者エギンガーにおすすめしたい!イカ釣りで有名な堤防を西湘から東伊豆エリア限定して3選紹介!!

ポイント

どーもshingoです!

エギングって楽しいですよね!

掛かったときのジェット噴射はたまりませんよね~

でも、アオリイカを釣に行くのはいいけれどポイントを何処にしようか悩むときありませんか?

ということで今回は、アオリイカの釣れた実績の多い有名な堤防を西湘から東伊豆エリアに限定して3選紹介していきたいと思います!

それではどうぞご覧ください!

江の浦漁港

このポイントは西湘エリアに位置していて、僕が思うに西湘エリアではトップの実績がある堤防だと思います。

釣果情報などでも、江の浦漁港はいつも良い実績を出しています。

有名なだけあって平日でも常に釣り人が絶えないですし、アオリイカ以外も実は結構釣れるんです!

時期にもよりますが、青物や根魚などいっぱいいるんですよね!

ちなみに僕は、イカも釣りましたが根魚も結構釣れた事があり一時期は頻繁に通っていた事もあります(^^)

十分釣りを楽しめるクオリティがある場所ですが、ここで江の浦漁港内の爆釣も夢じゃないおすすめポイントも紹介しちゃいます!

堤防先端

堤防の先端は特等席で人が4~5人でいっぱいになってしまうんですよね。

ただ、先端に入れた時は絶好のチャンスで行けば大体釣れる!と言っていいほど実績があるので勿論その場所に入れない時もありますが、先端部分は堤防自体がとても広くなっていて釣りが出来るポイントはたくさんあります。

沖向きで投げられないっていう話で横に向けばいくらでもポイントはあるので安心していただいて大丈夫かと思います。

また、先端周辺にはイカが好む海藻やブレイクなど点在しており環境はすごく良いので腕次第では釣果が望めるのではないでようか。

それと西側にはテトラポッドが一面入っていて海藻も多いため、イカに限らず魚類も寄りついてきますので恐くないよって方はチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

最後に気をつけて欲しい事もありまして、堤防西側はダイビングスポットをやっている時があるのでそういった場合は釣りは控えましょう。

ダイビングの方と揉めたりしたらせっかくの楽しい釣りも台無しになってしまいますからね。

堤防付け根

意外と見逃しがちになるポイントですが僕的にかなりおすすめしています!

なぜかというと、僕が実際に付け根からイカを釣った経験があるからです!!!

ですので行った時には一回でいいのでやってみてください(^^)イカが待っているかも!

まず良い所として駐車場から近く数歩でたどり着けます!

メリットは寒いときすぐ車に避難できますし、荷物を車にすぐ取りに行けるなどいっぱいありますね(^^)

ここの堤防付け根ってみんなスルーしてしまうんですが、隠れ穴場的な存在だと思うんですよね。

先述しましたが、僕自身釣れた経験もありますが、海は手前か十分な水深もあり、海藻などイカが好む物が多く点在していて環境はバッチリ整っているんですね。

また、海底も砂と岩が混じっていて可能性を高めてくれる条件があります。

なので、江の浦漁港に来たらまず付け根から釣りをしてみるのも良いかもしれませんよ!

福浦漁港

この堤防は僕が頻繁に通った所です!

なんともいえない釣れそうな雰囲気がします(^^)

西湘エリアでも人気がありますし堤防の規模が大きくポイントは多数ありますが、やはりこちらも堤防先端が絶好ポイントでしょう!

アオリイカのシーズンの4月~10月あたりくらいでは、エギンガーで賑わっていて非常に混雑を強いられます。

ただ、それだけの釣果が見込めるポイントなのでしょうがないですけどね(^^;)

しっかりマナーを守っていれば楽しい釣りができますので混雑していても安心でしょう!

規模が大きくおすすめしたいポイントがありすぎるので厳選して紹介しますね。

先述しました先端が1番の好ポイントで、僕も相当先端でやらせていただきました。

やはり海の環境が良いのが1番にあるのと、堤防先端が少し沖に出ている形になっているのでイカに出会いやすい環境になっているのかもしれません。

また、先端では沖向きから内向きまで色々な方向にアタック出来る所がすごく良い点で釣れるチャンスを多く取れる所も魅力的ではないでしょうか。

水深も十分で潮の動きもダイレクトに受ける作りになっているので良い潮回りの日は絶好のタイミングで釣りができますが、逆に潮回りが悪い日だと少なくともその影響は受けやすいと言っても良いでしょう。

堤防内側からでも十分に釣れるポイントはあります!

ちょうど漁港の前から一本に突き出た小さい堤防があるので、そこを先端に行くと先ほど紹介した堤防先端から狙えるポイントをダイレクトに狙えちゃうんです!

こんな良い作りになっているので、先端が混雑したときの逃げ場としては最高のポイントとなると思います!

しっかり手前からも釣果は出ていますので期待を持ちながら挑めると思います。

伊東港

東伊豆にある釣果、規模がトップクラスの堤防です!

ポイントを紹介する前に規模が大きすぎるため、伊東港の一部を紹介したいと思います。

ただ、ちゃんと釣果もあり、実際僕もアオリイカを釣ったことのあるポイントを紹介しますので安心してください(^^)

伊東港の1番西側に位置する白灯堤防です!

先端からかテトラ帯からの釣りになります。

先端では手前にテトラがあり少し気になりますが、投げる釣りなのでそんなに気になることはないかと思います!

引き上げる時に引っかからないように気にしてあげれば全く問題なしです!

水深も十分あり海藻や底がロック基調でもっともイカが寄りつきやすい環境になっています。また、アオリイカのエサとなるアジや小魚が構内に入ってくる通り道となっている事もありエギングには最適といえると思います!

テトラ帯での釣りは釣果自体はかなり望めますが、テトラポッドからの釣りになりますので危険がつきます!

少しでも自信の無い方は控えた方が良いと思います。

それでもテトラで釣りたいという方だけ自己責任でお願いします。

ここでは沖向きで潮も良く当たる場所なので非常に期待が高く、墨の後も良く見かけるので実際に釣れている証拠もしっかりあります(^^)

エギンガーって墨跡見るとついついそこで釣りをしたくなってしまうんですよね~

また、海藻なども多くあり春の産卵時期には大型のアオリイカも十分に期待でき、秋の子イカシーズンでは数釣りも出来てしまうかもしれませんよ!

ちゃんと釣果があり環境が整った堤防ってあるようでなかなか無いんですし見つけるのも大変なんですよね~

ですのでアオリイカを釣りに行くなら一回は行っておくと良いと思いますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回はエギングにおすすめの堤防を西湘か東伊豆エリア限定で紹介しました!

おさらいを見てみましょう。

・堤防先端が良く釣れる

・堤防付け根も見逃せないポイント

・テトラは良く釣れるが非常に危険

・海の環境や墨跡を良く観察する

このあたりをしっかり確認し、しっかり釣りと向き合えばアオリイカも期待に応えてくれることでしょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました