道具

釣り歴ゼロからはじめるワーム選び!アジングやメバリングに最適なおすすめワーム3選を釣り歴12年のshingoが紹介!!

道具

どーもshingoです!

釣りって楽しいですよね~

最近ではアジングやメバリングが結構流行ってますね!

でも、タックル選びに結構悩むときってありますよね(^^;)

ということで今回は、アジングやメバリングなどに効くおすすめのワーム3選を釣り歴12年のshingoが紹介したいと思います!

それではどうぞご覧ください!

レインズ アジアダー

まず紹介したいのがレインズのアジアダーです!

このワーム僕の中で1番実績のあるワームで、アジやメバルはもちろんですが他にもいろいろな魚たちが釣れました。

釣り場について一発目はアジアダーで様子見みたいな感じで使ってます。

釣り初心者におすすめ出来るメリットもいっぱいあって

まず、ワーム自体が柔らかめなのでジグヘッドに刺しやすいです。まっすぐ刺さないといけないので刺しやすい所は良いと思います!

カラーバリエーションも豊富で覚えきれないほどあるので自分の好きな色やフレークが入っている物を選ぶのも楽しいですよ。

ちなみに僕はクリア系のフレークが入ってる物が好きです(*^_^*)

値段がリーズナブルなのでまとめ買いや、購入する時でもお財布にやさしいですね。

また、ネットなどはショップよりも安価で買える事があるのでまとめ買い希望の方はネットでまとめ買いがおすすめです!

逆にデメリットは、ワーム自体が柔らかいので歯が鋭い魚やずーっと使っているとへたってきちゃうんで適度にワームのチェックや交換等はしてあげた方が良いと思います。

あと、安価なせいか非常に人気で売り切れていることが結構あって、人気カラーなどはネットでも手に入りづらい事もありますので本当に欲しいものは予約制で買えたりする所もありますので利用してみると良いと思います!

レインズ アジキャロスワンプ

このワームはシンプルに虫!リアルウネウネ!って感じです!

そのリアル効果か根魚に強かった気がします。

もちろん、アジやカマスなども釣れます!

先ほど紹介したアジアダーと同じメーカーだけあって似てるメリットがいっぱいでして、こちらもワーム自体が柔らかいのでジグヘッドにまっすぐ刺しやすいです!

ワームの胴体がアジアダーより細いので刺すときは慎重に行うと良いでしょう。

カラーバリエーションも豊富で選び放題という感じです(^^)

ちなみに、このワームはホワイト系が良く釣れました!

でもなんだかんだで自分の好きなカラーで釣る方が楽しいですしうれしいですよね(^^)

また、値段も安価でお試しで買うのもいいし、気に入ったらまとめ買いも良いでしょう!

アジアダー程ではないですがこちらも人気なのでまとめ買いをするなら在庫があるか確認しておきましょう!

月下美人 ビームスティック

ダイワ製の月下美人シリーズとして有名です!

僕も良くお世話になったワームでして色々なサイズやカラーを持っていましたね!

ストレート系のシンプルなワームですがワームに細かい線が入っていて、巻いていくと小さな波動が生まれて魚にアピールできるようになっています!

サイズは1,5インチと2,2インチと2種類だけですが、この2種類でもターゲットは十分フォローできてしまいますので問題なしだと思います!

僕は1,5インチをメインに2,2インチはサイズアップを狙う時に使用するようにしています!

ここでメリットデメリットも紹介していきますね。

波動

先述しましたがワーム自体に細かい線が入っており巻いていくと波動が生まれるんですね!

これが周りの魚に向けてアピールとなり釣果に大きく貢献してくれる事なんですね!

この波動が生まれることで色々な魚にアピール出来ることでアジやメバル以外にも、カサゴなど根魚にも効果が抜群ですので釣果を上げられると思います!

ワームが強い

強いとは?って思う方もいられると思うので簡単に説明しますと。

ワーム本体が他メーカーワームと比べると硬い傾向にありまして、歯が鋭いターゲットや擦れなどに特に強くワームの持ちとしては類を抜いていると思います!

1回使ってまた次の釣行に使う事も十分に使えますので、エコにも貢献してくれそうでね(^^)

擦れに強いと言う事は、テトラポッドなど穴釣りにも使用できるということにもなります。

 

ただ、こんなおすすめしたい良いワームではありますが、デメリットももちろんあります。

ワーム自体硬め言う事で、ジグヘッドの針が刺しにくい事があるんですよ!

慣れるまでは少し苦戦することもあるかもしれませんが、慣れればスムーズな釣り付けが可能になるかと思います!

また、色が付いているワームですと中が見えないのでワームをセットする時に硬いのと相まって慣れるまではまっすぐ刺せない事があると思います。

最後に手が滑る状態ですとワームは非常に付けにくくなりますのでしっかり手を拭いてから行いましょう(^^)

デメリットに関しては、慣れで解消出来ることですのでめげずに頑張ってやっていきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回はアジング、メバリングにおすすめのワーム3選を紹介しました!

おさらいしましょう。

・ワームは好みの物を

・サイズはターゲットに合わせて

・硬いワームは取り扱い注意

今回の記事を参考にして、しっかりワームを選びターゲットをキャッチできるようにしていきましょう!

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました