道具

ファミリーからベテランまで対象!堤防で釣りをするときに有ると役立つ釣りに持って行くと良い物3選を堤防釣り大好きなshingoが紹介!!

道具

どーもshingoです!

堤防での釣りって楽しいですよね~

堤防釣りの魅力といったら様々な釣り方ができて、色々な魚に出会える事ではないでしょうか(^^)

でも、想定外の大物やエサや魚などを手で触れる事も多く、ニオイや汚れなど気になってしまう方は多いと思います。

ということで今回は、堤防からの釣りに持って行くと良い物を3選おすすめしてshingoが紹介していきたいと思います!

それではどうぞご覧ください!!

タモ、あみ

タモとはわかりやすく言うと、伸びる棒が付いた網のことで、水面まで浮いてきた魚をすくい上げる為の物です。

ルアーフィッシングをしている方は持っている人が多いですね。

ファミリーでサビキ釣りなどを楽しむ方たちは、仕掛け的にほとんど使わないと思うので見かける事は少ないです。

ただ例外でボラなどサビキでも大きな魚って釣れちゃうのでそういう時はあると役立ちますね!

中にはいざというときに備えて持ってきている方もいますが、なぜか僕もそうなんですが持ってきている時に限って釣れず、逆に持ってきていない時に釣れる事が多くこれがパターン化されちゃってるんですよね~(笑)

それでも、タモやあみがあれば釣れていない時でも堤防では実はけっこう楽しめちゃう物でそれらを今から紹介していきます。

カニや貝などが捕れる

これは僕が良くやっている使い方です。

やったことあるよって方も多いのではないでしょうか?

メリットとして感じたことは、堤防の壁ってけっこうカニや貝がいるときがありそれを網を使って捕まえるんです。

やってみると案外楽しいですよ!

これがまたすごく子供ウケが良いので、お子さんのいる方は試してみてください(^^)

でも、お子さん連れで釣りに来るとどうしてもお子さんが先に飽きてしまう事も多いかと思うんですが、そんな時はいっぱい捕れると思うので釣りの休憩がてら一緒にやってみるのも良いでしょう。

その捕れたカニや貝というのは多少釣り方は限られてしまうのですが、根魚やクロダイといった魚のエサとしても使えますのでこの釣りをする方は先に捕まえてから釣りをすれば多少エサ代が節約出来るかもしれませんよ(^^)

また、他の釣り人が魚の取り込みに苦戦しているときにタモを使って手伝ってあげたりもできてしまいます。

釣り人は助け合い意識が強いので感謝されますよ!

逆にデメリットに感じたところは

堤防の壁にはフナムシという足の速い虫がいまして、嫌がる方も多く遭遇してしまうとやりたくなくなってしまう事があるかもしれません。

また、タモ自体がそこそこの大きさがあるので、釣り場まで持って行くのが辛く感じました。

一応、肩掛けひもが付いてるので掛けていけば良いのですが僕の場合は肩が凝っちゃいましてあまり持って行くことがなくなりました(笑)

でも、結果的に堤防はなんだかんだで楽しめる所なので持っていた方が良い事も多いですし、他の釣り人のお手伝いで活躍する事もできてしまうので持っている方は是非タモを持って釣りに出かけましょう!

大物に対応できる

堤防で釣りをしていると大物が掛かるときがありますよね。

そんな時に焦らず対応してしっかり捕るために必要になってくるのがタモ網なんです!

柄が伸縮するので基本はどんな堤防でも活躍してくれるでしょう。

また、一概に堤防と言っても足場が低い堤防から高い堤防までありますが、その堤防の高さに合わしてタモを使うと取り込みも苦労せず出来ると思います!

また、網のフレームの部分ですが、小さい物から大きい物までありどのサイズが良いかよく分からない場合はとりあえず大きめの物を選ぶと良いかもしれません。

もし大きな魚が掛かってもタモ網に入らなければ、抜き上げるなどしなくてはいけませんし、最悪ラインが切れてしまう事もあり得ます。

せっかく掛けた大物にも対応できるオールマイティなサイズを選ぶことをおすすめします!

ハサミ

ハサミは持っていると万能で何かと役立ちます。

釣りをしていると時に毒を持つ魚が釣れてしまうことが多々あります。

毒を持つ魚の種類も多く触ってはいけない魚もいるほどですので取り扱いには十分気をつけましょう!

もし毒を持つ魚が釣れてしまったら、手で触らないようにグリップなどで掴みハサミを使って針を外すようにしましょう。

また、どうしても魚の取り扱いがむずかしい場合は最悪毒のある所をハサミを切ってしまうのも有効ですのでこういった時は切っちゃいましょう!

刺さってしまうよりはマシですからね(^^)

他にも僕もやっている使い方がありまして、仕掛けなど作るときってラインを切ったりなどする時があり重宝しています!

特に何本か釣り竿を出す方は本数分の仕掛けを作り、ライントラブルが起きればまた仕掛けを作り直さなければいけないときもあるのでそういった方にはおすすめしたいです!

一応、刃物ですので取り扱いには十分気をつけて行きましょう!

タオル

釣りに行くなら持っておきたいですね!

釣りではエサや魚の鱗などで汚れてしまう事が多く手など洗う時に便利ですし、釣れた魚をタオルで掴んでいる方もけっこう見かけます。

他にも使い方は色々で、例えば置き竿するのにタオル結んでで竿を固定させたり、フェンスがあれば結んですぐ手を拭けるようにしてみてり十人十色な使い方があります!

また、探りながら歩き回る釣りをする方なんかですと、ショルダーバッグに掛けたり、ズボンの腰の所に引っかけたりすると手も自由が効き効率よく釣りを楽しめると思います!

ただ、落としたときに分かりにくいのでしっかり結ぶか、こまめにチェックすることをおすすめします!

便利なタオルで持っていても損はないと思いますので釣りに行くときは必ず持って行くようにしましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は堤防釣り有ると便利な道具3選を紹介しました!

おさらいです。

・タモ網は万が一のために持って行く

・ハサミは毒対策や仕掛け作成に便利

・タオルは釣りの必需品

以上を持っていればそうそう困ることはないと思うので、堤防釣りに出かけるときはできる限り持って行けると良いですね!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました