道具

サーフのルアーフィッシングの必需品!砂浜で釣りをする方みんなに身につけておいて欲しい安全装備やあると便利な装備品を3選ルアーフィッシング好きのshingoが紹介!!

道具

どーもshingoです!

サーフの釣りって楽しいですよね~(^^)

ちなみに僕もサーフフィッシングをするので共感していただける所もあるかと思いますのでよろしくお願いします。

いろいろな魚に出会えて時には想像していなかった大物に出会える事もある魅力あるサーフの釣りですが、砂浜という場所柄なので波があり時には大きな波がきて服が濡れてしまった!なんて事があるかもしれませんよね?

前もって対策していくよって方は問題ないとは思いますが、これから色々調べて準備するよって方たちは是非この記事を参考にしてみてください!

ということで今回は、サーフで釣りをするときに身につけておくと助かる装備品を3選shingoがおすすめして紹介したいと思います。

それではどうぞご覧ください!

ウェーダー

サーフで釣りをするときに絶対に身につけておきたいですね!

ウェーダーは主に胸から下を濡れないように守ってくれるすごく便利な物で、サーフに行くと結構身につけてる方たちがいます。

簡単に言うと長靴と防水エプロンが一緒にくっついてるような作りになっているので、海に入りながら釣りが出来るわけです。

広大なサーフでの釣りになりますので少しでもルアーを遠くに飛ばして幅広く探れば釣果にもつながる事も大いにあると思います!

こんな便利なウェーダーもさらに用途や好みに合わせられるように長さが違うタイプもあるのでメリットやデメリットも含めて紹介していきます!

チェストハイウェーダー

このタイプは胸まで丈のあるタイプで、サーフ釣りや川での釣りに最適だと言えます。

胸まで丈があるわけですから、無茶に水深が分からないポイントにいきなり飛び込むことが無い限りまったくと言っていいほど濡れることはまずありません。

ただ、腕の部分はフォローされていないので濡れる時はあります(>_<)

よく釣り番組などでも着用している場面があるのでやっていたらチェックしてみると良いでしょう。

メリットとしては先述しましたが、チェストハイなのでほぼサーフでは濡れることはないと思います!

逆にこれをつけて濡れる事があるとすれば、不良じゃない限り胸を超える水深や波があると言うことなので、釣り自体することを控えた方が良いかもしれませんね!

また、長靴もセットになっていて継ぎ目がない作りになっているので砂が入ってこないですし、靴底も分厚くしっかりした作りになっていて砂場でも足元が安定しやすい特徴があります。

デメリットは生地が厚い分重たく、ルアーマンみたくちょっとした移動が多いと疲れます。

また、夏場は着てない方が多いのも納得なんですがすごく暑いんですね、足が蒸れるので適度にウェーダーを脱いでリフレッシュすることも効果的です!

ウェストハイウェーダー

このタイプは腰までのタイプで脱着もチェストハイよりは楽ですしパンツ感覚で履けるので持っていれば便利だと思います。

丈は腰までですがサーフで使うには十分かと思いますし、チェストハイよりは動きやすいので疲れにくく体力面でも貢献してくれるのでないでしょうか(^^)

僕的にはこのウェストハイの方が向いてると思うんですよ。

理由は、サーフのルアーフィッシングって同じ所でずっといるわけではなく、移動しながら魚がいるポイントを探っていくような釣りになり訳ですが、そうなったときに腰まで海に入れてかつ上半身がフリーになり動きやすくなると思うからです。

メリットに思う所は、上半身が完全フリーな状態になるので動きやすくチェストハイより多少軽いです。

パンツ感覚で履けるので、違和感なく釣りを楽しむ事ができますね(^^)

また、釣り以外でも磯遊びの定番のタイドプールなどで遊ぶときも重宝すると思います。

磯ではゴツゴツした岩や毒を持った生き物など生息していますし、思ったよりも深い所もありますのでそういった時は大活躍するでしょう!

デメリットに感じたのは、チェストハイと同じく夏は足が蒸れてしまう所です。

やはり防水となるとどうしても蒸れは避けられないので対策しながらになってしまいますが、ここを苦に思わなければサーフの必需品と言えるくらいの物ですので興味のある方は使ってみると良いと思います。

長靴

サーフの釣りでは堤防と比べてどうしても濡れてしまう可能性が高くなりますよね(>_<)

ウェーダーも十分良いんですが、もっと気軽な格好で釣りをしたいという方におすすめできるアイテムです!

ただし、長靴なので海に入って釣りが出来るわけではなく、波打ち際までしか入れないんです・・・

とは言っても、絶対ルアーを遠くに飛ばさなければいけないと言う事でもないんですよ!

魚は波打ち際や数十メートル先と言った近くまで接岸してくる事も珍しくなくチャンスは多くありますし、実際の所波打ち際からでもフルキャストすれば十分ポイントまでルアーが届きますので心配はいらないですね!

長靴なので近所のホームセンターなどで売っていますし、本格的な釣り用の長靴が欲しいと言う方は釣具屋さんやネットなどで購入するのも良いでしょう。

釣り用の長靴ですと、裏面にスパイクが付いていたりフェルト面になっていたりと色々滑らない工夫がされていますが、砂地ということでそういった機能が付いていなくても全く問題なく釣りは出来ると思いますよ!

また、ウェーダーよりも足が蒸れにくいうれしいメリットもありますし、お財布に優しいので助かりますね!

僕は普通のホームセンターとかに売っている長靴を愛用しています!

十分持ちも良いので検討してみると良いと思います。

ライフジャケット

ライフジャケットは好き好みが分かれると思います。

基本的にはベストタイプになり収納機能もついているライフジャケットになり、タックルなど収納できますので移動が必須となるサーフでの釣りにはピッタリだと思います。

万が一海に流されてしまっても、ライフジャケットなので安全面でも効果的です。

一石二鳥ですね(^^)

ただ、上半身が分厚くなるため多少動きにくくキャストする時など違和感を感じる事があるかもしれません。

ですが、それに勝るのがやはり収納機能だと思っていまして

僕はいつもタックルボックスを持ち歩いて釣りをしているんですが、移動が多くなるとめんどくさくなってしまう事があるんです。

波打ち際まで一緒に持って行くことも出来ませんから、後ろに置いておくしかなく心配になってしまいます(^^;)

そんな時に、このライフジャケットがあればタックルボックスを持って行かなくとも釣りを楽しめちゃうんですから相当なメリットだと僕は思います!

動きやすさを重視するか、機能を活かすかはそれぞれだと思いますので、自分に合った装備を準備して楽しいサーフフィッシングを楽しんでいきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回はサーフルアーフィッシングの必需品おすすめ3選を紹介しました!

おさらいしますと

・ウェーダーは自分に合ったタイプを選ぶ

・長靴はどんなタイプでもOK

・ライフジャケットにはタックルを入れる

サーフルアーフィッシングは魅力が多い釣りです!みなさんもぜひこの記事を参考にして自分に合った装備をして釣りに出かけましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました